Googleなどで検索するといくつも出てくる家庭教師のランキング。これ、果たしてどの程度信用できるのでしょうか?

最近では健康食品や美容系商品をはじめさまざまな商品・サービスにランキングがありますが、中には根拠がないものも混じっています。であれば、それは判断を狂わせる有害情報ということに……。

そこで、検索結果に出てくる家庭教師ランキングの作成基準をチェックしましたので、「どこまで信頼できるのか」「どのように利用したらいいのか」をお伝えします。

さらに、後半では当サイトのテーマである「不登校」の視点から補足情報をお伝えします。

家庭教師ランキングの作成基準を調査

家庭教師ランキングをGoogleで検索
使う検索エンジンはもちろんGoogle

今回リサーチしたのは「家庭教師 ランキング」で検索して上位に出てくる10個のランキング記事です(A〜Jとする)。それぞれのランク付けの基準を抽出してまとめたのがこちら。

▼ ▼ ▼

A
資料請求・電話問い合わせ数を元にした算出基準で作成
B資料請求・電話問い合わせ数等から独自のロジックに基づいて作成
C独自メソッド・講師の数や質・サポート体制・カリキュラム作成などを総合的に判断
D過去に家庭教師を利用したことのある方やそのご家族にアンケートを実施してランキングを作成
E7つの項目で総合的に評価(成績向上・結果/適切な受講料/講師/カリキュラム・教材/スタッフ/授業の受けやすさ/情報の充実度)
F料金が安い順
G口コミ情報・教師の質・体験レッスン・料金
H不明
I不明
J不明

上位サイトの場合、独自のデータやアンケートをもとに、それぞれの重み付けで点数を出しているようです。

結論としてはこう言えるでしょう。

検索上位にあるランキング記事ほど、作成基準・方法の信頼性が高い。

トップのサイトAは約1万件の独自の問い合わせ情報からランキングを作成しており、これはかなり信頼できます。また、BからDも基準が明示されており、サンプル数まで書かれているところもありました。

一方、F以下は根拠が薄弱で、曖昧です。Gは基準のようなものを書いてはいますが、これをどうやって調査したのかはわかりません。さらにHとIとJは何ら基準も根拠もないので、恣意的な順位付けをしていると考えられます。

昨今、Googleの検索エンジンはますますウェブサイトの信頼性を重要視するようになってきました。そのためでしょう、人間から見ても信頼できるサイトが検索結果の上位に表示されていますね。

一方、2ページ目以降、つまり11位より下の家庭教師ランキングは根拠自体がまったく書かれてないので、参考にする価値はありません。

家庭教師ランキングの活用方法

さて、検索結果の上位にあるランキングは基準がかなり明確、かつ、調査方法にも信頼が置けることがわかりました。

しかし、そのランキング上位にある家庭教師センターが自分の子にとってふさわしいかどうかは別の話です。

「上位の記事は信頼できる」と書きましたが、その基準から考え、ランキングはおおむね人気がある順、有名な順にならんでいる。となれば、有名どころが上位を占領するのは当然。

はたして、人気があるからといって「そこがいい」と言えるのでしょうか?

もちろん、質がいいから人気が高いのかもしれませんが、テレビCMなどで広告費をかけてるから目立ってるだけかもしれません。

結局のところ、生徒それぞれに向き不向きがあります。ただ漠然と「家庭教師 ランキング」で上位にあるものをよしとすることはできません。たとえば「好きな食べ物ランキング」があって、あなたがその上位のものを好むかどうかはわからないのと同じように。

ランキングを見るときは、「こういうところが一般的に有名なんだな」とか、「こういう家庭教師センターがあるのか」というふうに、だいたいの業界地図を把握するのに利用すれば十分です。

4ステップで最適な家庭教師センターを見つける方法

では、ランキングを鵜呑みにせず、自分の子供に合った家庭教師センターを見つけるにはどうすればいいのか? 過去、3社で家庭教師をしていたこともあるので、その経験を踏まえて4ステップでお伝えします。

家庭教師センターを決めるための4ステップ
淡々と進めて、決めてしまいましょう

▼ ▼ ▼

Step1:家庭教師に「何を求めるか」を考える

まず、お子さんと親御さんが「家庭教師のサービスに何を求めるのか」をある程度掘り下げて考えておきましょう。高度な学習指導を受けたいのか、学校の補習程度でいいのか、気軽に話せるお兄さんお姉さんのような先生がいいのか、などなど。

家庭教師センターによってもカラーが異なりますし、同じ会社でもさまざまなコースがあったりします。そのため、ここはある程度かためておかないと絞ることができません。

ご家族で話し合って、自分たちの求めるもの(ニーズ)を確認しておいてください。

Step2:検索やチラシで3〜5社に絞る

ランキングサイトを見て気になったもの、スーパーやコンビニにあるチラシ、友人・知人の経験談から、家庭教師センターを3〜5つに絞ります。地方であればそもそも対象エリアに含まれない場合もあるので、そう難しくないでしょう。

ちなみに、不登校への対応をつよく打ち出している家庭教師センターについては下の方にまとめておきましたので、そういったニーズのある方は参考にしてください。

Step3:まとめて資料請求してみる

次に、気になる会社に資料請求をします。このご時世、すべてネットに情報を出してくれればいいのですが、まだ紙の資料を取り寄せないとゲットできない情報もあります。

資料請求は各センターへ個別に連絡してもいいですが、複数社まとめて請求できるウェブサイトがあるのでご活用ください。こちら経由で申し込むと、あとで2万円もらえるので得です。

かてきょナビ

Step4:体験授業を2つ受けてみる

資料請求をして見比べたら、体験授業をお願いしてみましょう。ほとんどの家庭教師センターが無料で体験授業をしてくれます。

その申し込みのときの対応や、実際に来訪された先生の様子、そういったところから判断するといいと思います。

最終的にはどの会社かというより、どんな先生なのかが大切です。ここではお子さんとの相性を見て、「長く続けていけそうだ」と感じる方に決めましょう。

以上、終わり。

不登校に特化した家庭教師センター

当サイトのタイトルは「不登校イッツオールライト」でございます。よって当然、不登校対応にすぐれた家庭教師センターについてもご紹介します。

以下、不登校への対応を売りにしている会社を7つピックアップし、

  • 不登校に関してどう強いのか
  • 無料体験授業はあるか
  • 対象エリア

の3点をまとめてみました。順番は適当であり、ランキングではありません。

家庭教師のトライ

不登校対応不登校専任の家庭教師と教育プランナー・カウンセラー
サポート校「トライ式高等学院」で不登校対応の実績
体験授業不明(要問い合わせ)
エリア全国

学研の家庭教師

不登校対応専門スタッフによる精神面・生活面のフォロー
体験授業あり
エリア全国

ノーバス(NOHVAS)

不登校対応不登校訪問専門員の紹介も可能
一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会と提携
体験授業あり
エリア関東+愛知・三重・岐阜

家庭教師のあすなろ

不登校対応元不登校の先生・不登校訪問専門員認定スタッフ
体験授業あり
エリア関東・東北・九州

家庭教師のガンバ

不登校対応日本臨床心理カウンセリング協会認定の臨床心理カウンセラーの資格保持スタッフが待機
サポート校「ガンバ式高等学園」を運営
体験授業あり
エリア東京・神奈川・埼玉・千葉

家庭教師ファースト

不登校対応同じような経験を持つ教師・スタッフがサポート
体験授業あり(1ヶ月 90分×4回)
エリア全国

東京家学・関西家学

不登校対応不登校専門の家庭教師
カウンセリングや訪問支援で学校復帰をめざす
体験授業あり
エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
大阪・京都・兵庫・奈良
メモ

当サイトは不登校を肯定しており、学校復帰をめざすべきとは考えておりません。学校には行かず、家庭で学習したり別のコミュニティーへ繋がることがベストだと思っています。

したがって、上記の家庭教師センターすべての方針に賛同しているわけではございません。あくまで「不登校に特化したこういうサービスもあるよ」という情報提供として受け取ってください。

脱・ランキング思考へ

調べた結果、検索上位にある家庭教師ランキングは思いの外しっかりした調査結果に基づいていることがわかりました。実は、もっと恣意的に決めていると予想していたのですが。

とはいえ、結果としてそういったランキングはただの「知名度順」になりがち。上位の方がよいとは限りません。問題は、どこがお子さんに合うのかということ。絶対的な基準などないのです。

もし家庭教師で迷われているのでしたら、上でご紹介した4ステップに従って最適なものを選ばれるのをおすすめします。