スマホやPCでプロ講師の授業が見放題のスタディサプリ、通称「スタサプ」。月額980円という破格の値段だし、全教科これだけで勉強できるということで、かなり魅力的なサービスです。

で、今回考えたいのは、「不登校の中学生・高校生にとってスタディサプリってどうなの?」ってこと。

学校で授業を受けてないなら、スタサプで補うのは効果的。……とも思えますが、果たしてどんなふうに利用したらいいのか? 不登校の観点から、どういうメリット・デメリットがあるのか? 元塾講師の観点からお伝えします。

スタディサプリの基本情報

よく知らない方のために説明すると、基本的な特徴はこの通り。

スタサプの基本情報
スタディサプリの基本情報

全国トップレベルの講師陣による「神授業」が見放題で、範囲も小4から高3の大学受験レベルまでと、ほぼ全範囲を網羅しています。

さらに、ひとつの学年・教科につき1種類の授業というだけでなく、

  • 基礎
  • 応用
  • 教科書別
  • 定期テスト用
  • 受験対策

といくつもの授業がラインナップされています(学年・教科による)。使い始めは「どんだけあんの?」と目が白黒してしまうほど種類が豊富です。

しかも、スタディサプリは動画講義だけでなく、それぞれ専用のテキストも用意されていて、それもダウンロードし放題。単純に、良質な問題をゲットするだけの用途でも活躍してくれるでしょう。

利用できる端末はパソコン・iPad・スマホ。なので、家でも外出先でも、電車の中でも勉強できます。

これだけ強力なサービスで、値段は月額980円(税抜)。月3万とか4万かかる学習塾・予備校・家庭教師の業界も真っ青の、価格破壊的サービスです。

▼ 14日間は無料体験できます ▼

不登校生にスタディサプリを勧めたい3つの理由

スタディサプリは現在不登校の中学生や高校生にとって、かなりありがたい学習ツールなのは本当なのです。その理由を3つにしぼってお伝えします。

理由1:小4から高3全範囲の学習ができる

第一にはこれでしょう、ほぼ全範囲・全教科の勉強ができるから。

たとえば小学生から不登校を繰り返して中3になっていたとすると、知識が虫食い状態になってるはず。あるいは、すっぽり抜け落ちているかも。そのとき、スタディサプリならすべてを補うことができます。

塾や家庭教師でそれは難しいですし、市販教材だといちいち過去の学年のテキストを購入しなければなりませんが、スタサプはこれだけでOKです。月額固定のサービス、ありがたいですな。

理由2:授業のクオリティーが高い

スタディーサプリの授業は全国屈指のプロ講師によるものなので、クオリティーが非常に高い。

児童生徒の中には先生が苦手でその教科までキライになってしまった……なんて子もいると思いますが、質の高い授業を受けることでイメージががらっと変わるかもしれません。

あと、授業の中身だけでなく、スタサプのインターフェースも優れています。操作性もデザインもGOOD。さすが、天下のリクルート。

理由3:書いて覚えられる

スタディサプリはいかにもスマホで動画を見るだけのイメージが強いかもしれませんが、実際には紙のテキストをダウンロードし、自分で考え、書きながら覚えるプロセスも重視されています。

授業動画の途中、先生が、

「はい、ここで止めて問題を解いてみましょう」

と指示してくれるので、その通りやっていけばリアルな授業を受けているのとほぼ同じです。

A4で印刷するとちょうどいい

以上が、スタディサプリを不登校の子におすすめする理由です。

教材のクオリティーと充実度で言えば、ぶっちゃけ中学や高校より圧倒的に優れていますので、学習教材としては文句ありません。

【危険】スタディサプリはすべての不登校生にお勧めできるわけじゃない

さて、ここからが本題です。

スタディサプリは不登校生にとって基本的にいい教材なのですが、弱点もあるし勧められないケースもあるんです

これを分かってないと時間を無駄にしたり他の学習機会を失ったりするリスクもある。これも、3つのポイントでお伝えします。

理由1:質問できない

第一に、スタディサプリの通常プランには質問対応のサービスがない。これが残念な点です。月額980円なので仕方ないですが。

不登校のお子さんが自力で勉強しようと思ったら、やっぱり質問できる相手というのは必要だと思います。そこをスタディサプリでは補えません。

コーチングと質問対応のサービスもついた「合格特訓コース」というのもあるのですが、こちらは月額9,800円。決して高くはないですけど、これなら当サイトでよく紹介してる「すらら」(月額8,000円)も選択肢に入ってきます。

理由2:学習管理がおおざっぱ

スタディサプリでは、保護者も生徒さんの学習履歴を見ることができます。

チェックできるのは講座名・視聴時間・回数・正答率など。

しかし、「この範囲の問題を間違えたよ!」という細かい情報は出ませんし、苦手な部分に応じたチャプターへ飛べるというわけでもないので、ちょっと微妙です。

ただ聞き流してるだけでも「視聴時間」としてカウントされてしまうので、そこもどうかな、と。

理由3:不登校対応の教材ではない

そもそもですが、スタディサプリは不登校対応をコンセプトとした教材ではありません。公式サイトを見てみるとわかりますが、基本的には定期テストの点数アップ、難関高校・大学への合格をめざすための教材です。つまり、塾や予備校の「アプリ版」なのです。

なので、不登校の子が基礎学力を養成するのに最適かというと……そうでもないと思うのです。

どちらかと言えば、ある程度「できる子」が、学校の授業では飽き足らず、自発的にもっと家で勉強する。そういう使い方の方が合っているでしょう。自律的に勉強できる子向けですね。


授業を動画で見て学習するための基礎力がないのにスタディサプリだけ使おうとすると、よく分からないまま動画視聴で時間を潰すということになりかねません。

そうなると「勉強してるはずなのに成績が上がらない」ということもありえるし、もっと適切な学習法・教材があるのにそれを利用するチャンスを逃してしまうかもしれません。

なので、あまり安易にスタディサプリを不登校の子に勧める気にはならないのです。

スタディサプリなら不登校でも「出席扱い」になるのか?

不登校をめぐる問題について詳しい方なら、こう考えるかもしれません。

「スタディサプリで家庭学習をすれば、学校も出席扱いになるんじゃないか?」

というのも、IT教材による学習でも「出席扱い」を認めようという文部科学省の通知が出ているから。

我が国の義務教育制度を前提としつつ,一定の要件を満たした上で,自宅において教育委員会,学校,学校外の公的機関又は民間事業者が提供するIT等を活用した学習活動を行った場合,校長は,指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができることとする。

不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について(通知):文部科学省

これを見ると、スタディサプリという「IT教材」で勉強すれば出席扱いにしてもらえそうな気もします。

ただし、これにはいくつかの条件があります。個別の詳しい条件はこちらの記事(日本のホームスクーリングの現状と、あと、すごいIT教材を紹介します【文部科学大臣賞受賞】)を読んでいただきたいのですが、最大の気がかりはここ。

スタディサプリで「出席扱い」になった前例が見当たらない!

先ほども引き合いに出した「すらら」という教材なら出席扱いになった実績があるのですが、スタディサプリではそういう事例が見当たりません。公式サイトでも紹介されていません。

学校もお役所であり、お役所と言えば前例主義。そんな中でスタディサプリを使って出席扱いを勝ち取るにはけっこうな労力と時間が必要になると予測されます。現実的にはあまりおすすめできない方法です。

スタディサプリとはどんな教材なの?

ではここで、ざっくりとしたスタディサプリでの勉強のやり方をご紹介します。使ったことない人のために、簡単に。

まず登録は済ませたとして、お気に入り登録からトップページに行きます。そこで講座一覧をチェック。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo1.png です

一覧を表示させたら、左から学年と教科を選びます。と、右側にその講座が表示されるので、そこから勉強したいものをクリック。今回は「高1ベーシックレベル英技」を選んでいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo2.png です

すると、その講座の第1講からおわりまでずらっと単元の一覧が出てきます。この場合は全33講あり、それぞれが授業1回分だと思ってください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo3.png です

で、いきなり授業をスタートするのではなく、まずは画面左下にある短い紹介動画を見てみましょう。授業のイントロダクションだったり、講座の進め方(予習・復習の仕方など)が紹介されています。

ここで自分に必要な授業かどうか、レベルが合っているかどうかもわかりますので、必ずチェックしましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo4.png です

「よし、これを勉強しよう」と決めたら、勉強したい単元を選びます。もちろん、最初からやっていってもいいし、ピンポイントで学習したところをいきなり選んでもOKです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo5.png です
今回は関係代名詞を選んでみた

すると、画面が変わって左端にビデオチャプチャーの一覧、真ん中に授業動画、右側にテキストという表示になります(スマホだとちょっと違う)。

ここで、「PDFダウンロード」というのがあるので、ここからこの単元のプリントを入手します。PDFファイルでダウンロードして、紙でプリントアウトしましょう。これが手元にないと、ほとんどの授業で学習効果が半減してしまいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo6.png です
授業動画の画面は別ウィンドウ or フルディスプレイでも表示できる

ここからはチャプターを1から順番に見ていき、途中、プリントに書き込みをしながら勉強していけばいいだけです。チャプターは1つ10分くらいです。

すべて終わったら、最後に復習テストがあるので、それを解いていきます。紙で解いたあと、画面で選択肢を選んでいく形になるので、全問正解をめざしましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は study-sapuri-eigo7.png です
正解だと花火みたいなエフェクトが出てきて気持ちいい

以上、スタディサプリでの勉強の仕方でした。1つの単元がだいたい30分前後です。

まとめ|不登校生のスタディサプリの使い方

不登校生にスタディサプリはおすすめなのか、そうでないのか? まとめるとこうです。

自分で計画を立てて勉強していける子にはおすすめだけど、基礎が怪しい子の土台作りには向かない、です。

たとえばいま中学生で、学校の授業が退屈なくらい簡単。学校へ行くのがバカらしい。こういう子はスタディサプリでがんがん先取りして勉強していくといいと思います。

また、中学までの基礎がある程度できていて、でも高校でつまづいちゃった。こんなときにもスタディサプリは威力を発揮するはず。

しかし、そもそも中学や小学校の基礎が怪しい生徒や、自分で学習管理ができない子にはスタディサプリは向きません。下手をすると、漫然とYouTube感覚で動画だけを見て勉強した気になってしまうかもしれませんから。

このような長所・短所を踏まえた上で、スタディサプリが気になる方は試してみてください。2週間は無料で使えます。